ドローンが農業を進化させる 4

ドローンが農業を進化させる 4

日本の農業従事者は年々減少し続けており更に高齢化が進んでいます(平均66.8歳)

人手不足解消にドローンを活用したスマート農業が注目されております。

今回は果実園でのドローンによる授粉作業についてご紹介いたします。

(受粉=雄しべの花粉が雌しべの先端につくこと。その結果として受精が行われる)

受粉には風、水、動物(虫、鳥など)、人工授粉などの方法があります。

受粉は果実にとって一番大事な作業になり、作業可能な時間が短期間の為、作業者への負担が大きく、農業従事者の高齢化等も相まって、授粉作業の省力化や軽労働化が急務になっています。

人工授粉には大変な労力が必要になるため、交配用の蜂を導入している所もありますが、近年、ミツバチの大量死などで今後ミツバチでの交配が出来なくなる恐れも叫ばれているため、ドローンでの授粉作業に大きな注目が集まっています。。

・溶液受粉は花粉を混ぜた溶液を樹上約2mの高さから散布。

ナシの木の頭上1.5㍍ほどから散布する様子

ドローン散布のメリット

・農薬散布ヘリコプターの1/3位での価格で購入可能

・作業がしにくい斜面や山間部での作業が可能

・農業従事者の高齢化が進んでることから、受粉作業の省力化(9割減)

・大人4名で1日かかっていた受粉作業(人口授粉)がドローン1機で1分程度で終了

今後の課題、問題点

・結実率の向上、ばらつきの平均化(結実率)

・受粉用にダウンウォシュの強さ等が調整されたドローンの実用化

・さらなる精度向上に向け、重なり枝が生じにくい枝の剪定など、ドローン使用を念頭に置いた、栽培管理

参照 農業分野におけるドローンの活用状況5頁「利用分野:受粉」

(令和2年6月農林水産省生産局技術普及課) 

その他のドローンを活用した人工授粉の取組み

・花粉を含んだシャボン玉を飛ばし受粉

・花に吹き付けたシャボン玉による受粉率は95%

これからの農業はドローンを活用したスマート農業などで、農業従事者の農作業の労力軽減、農作物の品質向上、収穫量向上が期待されています。

UAVJAPANドローンスクールでは、基礎的な操縦技術から法規制・申請実務まで充実したカリキュラムが受講できます。

ご興味がありましたら是非、お気軽にお問い合わせください。