UAVJAPANの活動について

UAVJAPANの活動について

 今回はドローンサービスを展開している会社が普段どのような活動をしているのかということをテーマに株式会社UAVJAPANの活動内容をご紹介いたします。

 国土交通省認定のドローンスクールとして、企業を中心にビジネスに使える実践的なカリキュラムを提供しています。

そのため、受講者のほとんどは業務としてドローンを取り入れることを目的として受講されます。

点検・測量・空撮など、様々なニーズに対応した、プロによる指導を受けることができます。

 また、講習を受講した後も卒業生のフォロー制度(研修会・コミュニティ)があるため、段階的に相談しながらドローンを業務に取り入れることが可能です。

研修会には多くの卒業生が参加し、横のつながりを構築することも可能なため、大変ご好評いただいております。

ドローンサービス(点検・測量・空撮)

 お客様のご依頼により、UAVJAPANはドローンを使用したサービスも提供しております。

点検・測量・空撮など、従来の機器では対応できないドローンの得意とする分野が存在します。

 マンションの外壁点検の場合、従来であれば足場設置費用がかかりますが、ドローンの場合、足場を設置することなく点検できるため、費用や点検にかかる時間が大きく削減できます。

具体的にどの程度、費用などが削減できるのかについては「ドローン活用分野について(点検編)」でもご紹介しておりますのでご参考になれば幸いです。

 測量では、ドローン自体に高精度な位置情報を取得できる機能がついており、それを活用することにより、写真から3次元データを作成し、それを元に測量データを起こすことが可能です。

人が1から図面を起こしたり、手動で写真を撮影したりするよりも、はるかに省工程になるため、、お問い合わせいただくケースが増えてきています。

自動飛行で撮影した写真を持ち帰り、退社前にPCを稼働させるだけで、次の日の朝には高精度な3次元データができあがります。

実際に体験していただいた方からは、休んでいる間に作業が終わっていると、感動の声をいただいております。

 空撮に置いては言うまでもありませんが、ドローンならではの画角で撮影が可能です。

撮影には法的な申請が必要なケースが多く、安全性の観点から依頼されるケースが多いように思います。

弊社では国土交通省 航空局の許可申請を取得しておりますので安心・安全に撮影を行うことが可能です。

災害対策

 UAVJAPANは2020年2月13日より大阪市と災害時における協定を締結しております。

台風や地震など災害が起こった際に、現場の状況を確認したり、救助を待つ人の探索など、災害レスキューのプロとして出動します。

2021年2月には災害訓練の一環として、大阪市を流れる1級河川である淀川で飛行訓練を行いました。

この飛行訓練では3次元データを採取することで、河川が増水した際などのシミュレーションを行うことを目的とした訓練を行いました。

イベント

 UAVJAPANではドローン体験ができるイベントにも出展しております。

 小さなお子様でも安全にドローンを飛ばしていただけるように、最高速度は時速3km程度、最高距離は30m程度までしか飛行できないように、プログラムで制御しております。

また、ドローンを飛ばすだけではなく、ドローンを用いたプログラミング学習も提供しております。

自身で作成したプログラムを元にドローンが自動で動く様子を見て、ドローンやプログラミングに興味を持ってくれるお子様も多く、非常にご好評いただいております。

物販

 DJI製品のドローンを始め、ドローンに関する機材を販売しております。

現在、販売は関係者のみに限定させていただいておりますが、オリジナルドローンの製造なども承っております。

2021年3月には阪神タイガースとコラボしたタイガースドローン2021を販売いたしました。

いかがでしたでしょうか。

ドローンサービスを展開している会社がどのような活動をしているのかというテーマでご紹介させていただきました。

UAVJAPANドローンスクールでは、基礎的な操縦技術から法規制・申請実務まで充実したカリキュラムが受講できます。

ご興味がありましたら是非、お気軽にお問い合わせください。