DJI GO4の使い方

DJI GO4の使い方

2021/08/25

前回は、空撮や空撮データの加工などを目的とするコンシューマー向けドローンに対応する2種類のアプリ(DJI GO4DJI Fly)と対応機種をご紹介しました(DJIアプリと対応機種」)。

今回は、DJI GO4の機能と操作方法について詳しくご説明します。

アプリの起動画面

初めにアプリを起動した画面に表示される各項目についてご説明します。

①マップ

タップするとカメラ画面からマップ画面に切り替わります。

目視外飛行のときに、飛行ポイントとホームポイントとの位置関係が分ります。

    ②高度支援システム

    ③インテリジェント フライモード

    クイックショットなどの自動飛行ができます。

    ④スマート リターントゥ ホーム(RTH)

    ⑤自動離陸/着陸

    ⑥メインメニュー

    タップするとメニューに戻ります。

    ⑦システムステータスバー

    機体の飛行ステータスと、警告メッセージを表示します。

    ⑧MCパラメーター設定

    ドローン本体における各種設定を行います。

    ⑨GPS信号強度 

    ⑩送信機信号

    ⑪HDビデオリンクの信号の強さ

    ⑫バッテリー設定

    機体のバッテリー残量表示し、タップするとバッテリー設定画面になります。

    ⑬フォーカス/測光ボタン

    ⑭一般設定

    MCパラメータ設定などの詳細設定はここから行います。

    ⑮オート露出ロック

    タップすると露出値をロックできます。

    ⑯写真/動画切り替えボタン

    ⑰撮影/録画ボタン

    写真の撮影、動画の録画を開始します。

    画面のボタンは撮影モードとなります。

    カメラの設定

    ⒶカメラのIOS、シャター、オート露出の設定を行います。

    Ⓑ写真撮影モードを選択します。

    カメラモード、写真サイズ、画像形式、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、カラーなど。

    Ⓒタップすると、全般的なカメラ設定メニューに移行します。

    カメラ設定の詳細は次回のコラムで更に詳しくご紹介します

    ⑲再生

    タップして再生ページに進み、撮影した画像や動画をプレビューします。

    ⑳障害物検知ステータス(画面は上のバーは前方、下のバーは後方)

    障害物が機体に近づくと、赤色のバーが表示されます、障害物が検知可能な範囲に入ると、オレンジ色のバーが表示されます。

    ㉑カメラパラメーター

    カメラパラメーター、内臓ストレージとmicroSDカードの容量を表示を表示します。

    ㉒フライトテレメトリ

    D=ホームポイント間の距離

    H=ホームポイントからの高さ

    H.S=機体の水平速度

    V.S=機体の垂直速度

    ㉓ジンバル(カメラ)スライダー

    ジンバルのチルド角を表示しています。

    おさらいポイント

    〇機体の設定は、⑭をタップして、各種設定に進みます。

    〇カメラの設定は、⑱をタップして、各種設定に進みます。

    どれが何を示すのか、どこに何があるのか、これは触った事も無いよという方も、意外といらっしゃるかもしれません。

    そんなあなたもこのコラムを参考にして、まずはいろいろ触ってみてください。

    沢山の機能が搭載されていますので、使いこなすほどにドローン飛行、空撮がレベルアップしていくこと間違いなしです! 

    ※2021年9月1日追記

    今回は、カメラ設定の詳細について更に詳しくご紹介します

    追記写真

    カメラマーク(Ⓑ写真撮影モード)をタップするとカメラの詳細設定画面(カメラモード、写真サイズ、画像形式、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、カラーなど)に切り替わります。

    追記写真②

    カメラモードをタップすると、次の①~⑦が表示されます。

    ①シングルショット

    風景や建物など、静止した被写体を撮るのに適したモードとなります。

    ②HDRショット

    暗い部分に合わせた露出と、明るい部分に合わせた露出、その中間の露出で撮影された3枚以上の写真を自動的に撮り、合成してくれる機能です。

    より肉眼でみた光景に近い映像や画像となります。

    HDRショットでの撮影が向いているシーン

    ・部屋の中から屋外を撮影する時

    ・雲や水辺、路面など、光が反射している場所

    ・森や公園など、強い日差しの場所

    ③ハイパーライト

    低照度条件下での撮影用に設計されているので、ノイズを低減しイメージのクオリティが向上します。

                通常モード           ハイパーライト

    ④マルチプル

    連写モードになります。

    ⑤AEB

    露出変更によるHDR写真の撮影が可能となります。

    ⑥タイマー

    2秒~60秒の間でのタイマー設定ができます。

    ⑦パノラマ

    球面、180度、垂直、水平と写真を合成して特殊な写真を撮影する事が可能です。

    ※2021年9月8日追記

    前回の続きでカメラ設定の詳細について更に詳しくご紹介します

    カメラ画面

    ・写真サイズ 16:9 3:2のサイズが選べます。

    ・画像形式 RAW JPEG JPEG+RAWの3種類が選べます。

    JPEGのメリットとデメリット

    写真によく使われる画像ファイル形式です。

    約1677万色で表現でき、高画質でありながら容量が小さいので写真などにむいてますが、圧縮する時にデーターの一部を破棄されてしまいます、これにより画質が少し悪くなってしまい、元の画質に戻すことが出来ません。

    RAWのメリットとデメリット

    RAWとは「未加工」や「生」という意味で、デジタル一眼カメラやコンパクトデジタルカメラ内で光の調整をしないデーターの事を指します。

    黒くなったり白く飛んでしまうような箇所もデーターを保存し、画質を劣化させることなく調整する事が出来ます、しかし容量が大きく、専用のソフトを使用しなくてはなりません。

    ・ホワイトバランス

    撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です。

    自動、晴天、曇り、白熱灯、蛍光灯別に設定できます。

    自動(オート)は初心者さんや、設定を考えている余裕が無いときに使用

    ①
    ②
    ③
    ④

    ・ピクチャースタイル

    標準、ランドスケープ、ソフト、カスタム(シャープネス、コントラスト)撮影時の色合いを調整できます。

    ※2021年9月15日追記

    今回は撮影撮影設定のご説明を致します。

    ①元のパノラマ写真を保存する

    保存する時にJPEGかRAWデーターの選択が出来ます。

    ②元のハイパープラスを保存する

    保存する時にJPEGかRAWデーターの選択が出来ます。

    ③ヒストグラム・・・縦軸に度数、横軸に階級をとった統計グラフの一種

    ④フロントLED自動消灯

    ⑤撮影時にジンバルをロック

    ⑦C-AFモード

    カメラのオートフォーカスを有効にします(自動でピントが合います)

    ⑧露出オーバー

    露出オーバーしている被写体部分を網目状に表示します。

    下記の画像は蛍光灯を撮影、露出オーバーになった所が白黒になります。

    ⑨Auto Sync HD写真・・・ON、OFFが出来ます。

    ⑩動画字幕・・・動画撮影時の情報を字幕ファイルで生成します、動画撮影時のみ有効

    ⑪ハイパープラス動画フレーム

    ハイパープラス動画とは一定間隔で写真を撮影し続けそれを凝縮して繋ぎ合せる事で動画全体に動きが出来るタイムプラス撮影

    ⑫グリッド・・・画面上に三分割のグリッド線を入れる事が出来ます。

    ⑬中心点・・・なし・円・十字形・細い十字形・四角・(中心点なし)・四角(W.中心点)・括弧(中心点なし)括弧(W.中心点)の8通りから選択できます。

    ⑭ちらつき防止・・・照明によるちらつきを軽減します。

    ⑮ファイル番号モード・・・保存データーのファイル番号を設定変更出来ます。

    ⑯ピーキング閾値・・・なし・標準・低い・高いの4通りから選択できます。

    撮影時画面の中で特にコントラストが高い部分に色を付けて表示する機能

    ⑰保存場所・・・SDカード・内部ストレージの保存場所を選べます。

    ※2021年9月22日追記

    今回はレンズ・シャッター設定のご紹介になります。

    ①AUTOモード

    カメラのシャタースピード・ISOは自動的に調整されます。

    ②Aモード(絞り優先オート)

    選んだ絞り値に対して適正露出となるようなシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。

    ③Sモード(シャッター優先オート)

    選んだシャッタースピードに対して適正露出となるような絞り値をカメラが自動的に決めます。

    ④マニュアルモード(マニュアル露出)

    絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の幅は広がります。

    組合せを誤ると明るすぎる写真や暗すぎる写真となってしまいます。

    これを露出オーバー、露出アンダーと呼びます。

    カメラの露出インジケーターを見ながら、絞り値とシャッタースピードの組合せを決める事をおすすめします。

    ⑤IOS(IOS感度)

    レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標

    ⑥Aperture(アパーチャー)英語として「レンズの口径」

    RAWデーターを含む複数のファイル形式の画像を取り込み管理(確認、管理)

    ホワイトバランスや輝度、彩度などの調整、多種多様なエフェクトを用いたフォレストタッチなどを行うことが出来る。

    ⑦Shutter シャッタースピード AUTOなら1/40

    例)高速で走る電車などは1/1000秒のシャッタースピードで撮るとキレイに撮影出来ます。

    例)夜景や花火などは遅いシャッタースピードで撮影します。

    (夜景なら1秒のシャッタースピード、花火なら18.3秒のシャッタースピードなら花火の軌跡なども撮影出来ます)

    ⑧EV(EV値) 露出の明るさを示す数値 なら(+0.0)

    UAVJAPANは大阪に拠点を置き、空撮・点検・測量など様々なドローン関連事業を展開しています。


    ドローンスクールでは、基礎からビジネス向けの操縦技術および法規制から飛行申請実務まで充実したカリキュラムを受講いただけます。


    ドローンに関わる業務への進出やドローン操縦の資格取得など、ご興味がありましたら是非、お気軽にお問い合わせください。