DJI PHANTOM4 RTKを使った自動飛行プログラミング

DJI PHANTOM4 RTKを使った自動飛行プログラミング

2022/03/15

PHANTOM4 RTKを使った自動飛行プログラミングについてご案内致します。

PHANTOM4 RTKはプロポのみで事前に飛行計画を立てることができます。

3D写真測量をタップして地図を呼び出します。

測量したい場所を指先でタップします。

上の写真の紫色の点が指でタップしたポイントになります。

黄色の線が飛行経路になります(紫の点の四角を小さくすると飛行エリアの小さくなります)

飛行エリアに掛かる高さに注意して飛行エリアを決めます。

右下の保存をタップし名前を付けて計画を保存します。

自動飛行を行う場合は画面の右下に出てくる呼び出しを1回タップすると、飛行モードになり、

もう1回呼び出しをタップすると、名前を付けたタスクを選択する事が出来ます。

上記の写真の画面の通り右にスライドして自動飛行開始になります。

UAVJAPANは大阪に拠点を置き、空撮・点検・測量など様々なドローン関連事業を展開しています。


ドローンスクールでは、基礎からビジネス向けの操縦技術および法規制から飛行申請実務まで充実したカリキュラムを受講いただけます。


ドローンに関わる業務への進出やドローン操縦の資格取得など、ご興味がありましたら是非、お気軽にお問い合わせください。