ドローンが農業を進化させる1

ドローンが農業を進化させる1

2021/07/14

日本の農業従事者は、年々減少し続けており、更に高齢化が進んでいます(平均66.8歳)。

今、この人手不足解消にドローンを活用した農業が注目されています。

 

ここではドローンを使った農薬散布について紹介いたします。

通常、農業従事者が農薬散布を行う場合、機材の費用などから手動での散布を検討されるケースがあります。

しかし、農薬散布は、農作業の中でも特に重労働で動力噴射機だけでも何十キロもの重さがあります。

また、農薬は1,000 2,000倍に希釈して使用しますが、それでも人体へ影響を与える事もあるため、非常に過酷な作業と言えます。  

農薬散布をドローンで行うことにより、労力を大幅に減らせるだけでなく、散布者への影響の心配も無くなるため、近年、非常に画期的な手法であると、その効力が認められてきています。

農薬散布におすすめのドローン(機種)

〇(株)マゼックス 飛助mini  希望小売価格550,000円~730,000(バッテリー別売)

タンク容量5L 散布幅4m 1フライト610分 散布面積 0.625ha

特徴
・とにかく安く抑えたい方におすすめ(グレードは4段階あり)
・軽量で折りたためてコンパクト、総重量6.2kg(バッテリー含まず)

〇ヤマハ発動機(株) YMR-08AP 希望小売価格1,875,000

タンク容量10L 散布幅5m 1フライト11分 散布面積 1ha

画像3

特徴

・レジューム機能

「レジューム機能とはコンピューターの実行状態を保存して停止させ、次に使用するとき即座の停止直前の状態に復帰する機能」

 

薬剤が切れても復帰する時に停止した位置から農作散布を再開するので、農薬の散布を重複して行わない便利な機能です。

〇(株)クボタ MG-1SAK 希望小売価格 1,650,000

タンク容量10L 散布幅4m 散布面積 1ha

画像4

特徴

・障害物検知&高度一定制御レーダー

(障害物を検知すると約15m手前で減速、更に接近した場合は約34m手前で停止する制御が働き、障害物衝突のリスクを抑えます)

 5.5インチの液晶モニタでタッチパネル操作を確認しながら作業ができます。

これからの農業はドローンのような先端技術を活用して、

農業従事者の農作業の労力軽減、農作物の品質向上、収穫量向上が期待されています。

※農業用ドローンは飛行させる際に、航空局へ申請が必要なケースがありますので、ご注意ください。

UAVJAPANドローンスクールでは、基礎的な操縦技術から法規制・申請実務まで充実したカリキュラムが受講できます。

ご興味がありましたら是非、お気軽にお問い合わせください。